旦那が不倫相手と同棲を始めたときの対処法

探偵さがしのタントくん

旦那が家を出て不倫相手と同棲を始めてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

取り得る行動としては以下の3つの選択肢だと思います。

①離婚

②もう一度やり直す、復縁

③放っておく

正直、③の放っておくという選択肢は後々面倒なことになりますので、離婚なのかもう一度旦那に戻ってきてもらい、やり直すのかどちらかになると思います。

①の離婚を選択しようと②のもう一度やり直すを選択しようと、また2つの選択肢があらわれます。

それは不倫相手に慰謝料を請求するのか、慰謝料を請求しないかです。

もし慰謝料を請求するのであれば不倫の証拠が必要になってきます。

旦那が不倫相手と同棲をしていて不倫相手に慰謝料を請求する時、その証拠は必要なのか

証拠

一見、旦那が不倫相手と同棲をしていれば不倫をしていることは明白そうなので、その証拠はいらないように感じます。

特に旦那が同棲していると明言していればなおさらです。

しかしながら、不倫相手に慰謝料を請求するとなった場合、旦那の同棲しているという証言だけでは最悪裁判になった時に負けてしまうかもしれません。

なぜなら、不倫相手が同棲はしていないし不倫もしていないと証言した場合、不倫を証明する決定的な証拠がないからです。旦那が不倫を自白したというだけでは弱いと判断されるかもしれません。

それでは、一体どうすればいいのでしょうか。

それは、旦那と不倫相手は同棲しているわけですから、旦那はその同棲している家から職場に通ってまたその家に帰ってくるわけです。

また、そうでなくても毎日一日中同棲している家にいるということはないはずです。

なので、その不倫相手の家から出て、帰ってくる動画や写真を押さえればいいということになります。

自分で同棲の証拠を押さえるのか、それとも探偵事務所に依頼するのか

どこで旦那が同棲しているかわかっていれば、自分でも証拠を押さえることは可能だと思います。

ふつうの外での不倫調査に比べれば難しくはないでしょう。

ただし、旦那に顔バレしているため変装や見つからないように隠れるのは簡単なことではないですし、撮影道具や技術も必要です。

そこをクリアできれば、自分でやったほうが金銭的には安くつくでしょう。

ただ、探偵事務所に依頼したとしてもふつうの不倫調査に比べたら格段に安くつきます。

なぜなら、同棲している家を張り込むだけなので調査日数は1日2日で終わりますし、ほぼ確実に証拠写真を押さえることができるからです。

なので、相当旦那に見つからない自信がある方は除いて探偵事務所に依頼をしたほうがいいでしょう。

探偵に依頼する時は探偵(興信所)比較口コミ評判ランキングなどを参考にするか、下記のようなあなたにとって最適な探偵を探してくれるようなサービスを利用しましょう。

探偵さがしのタントくん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする