メールだけでも浮気の証拠になるのか

旦那さんや奥さんが浮気相手とメールやLINEをしていて、

「早く一緒に遊びたいよ」「ずっと一緒にいたいよ」「奥さんに気づかれないように気を付けて!!」「○○さん(旦那さんの名前)のことが好き」

このようなメールを見てしまったとき、明らかに浮気をしているなとわかることと思います。

それでは、もし裁判になったときこれらのメールは証拠になるのでしょうか。

メールだけでも浮気の証拠になるのか

メール

結論から言いますと、メールだけで浮気の決定的な証拠にはならないです。

法律上、浮気とは不貞行為のことをいい、婚姻関係のない相手と肉体関係をもつと浮気をしたとなります。

つまり、この肉体関係があるのかどうかというのがポイントとなります。

浮気相手が旦那さんや奥さんに対して好意のあるメールやLINEをしていたとしても、それだけで肉体関係があるのかどうかわからないからです。

もし、メールやLINEに肉体関係をもったと思われる内容があったとすれば、他の証拠と合わせて提出すれば効果はありますが、それだけでは、浮気の証拠としては弱いと考えます。

メール以外の他の証拠とは

動画

メールだけで浮気の証拠にするにはむずかしいことがわかったと思います。

それでは、浮気の証拠になるメール以外の他の証拠とはどのようなものなのでしょうか。

それは、浮気相手の家やホテルなどに二人で入っていく動画や写真とそこから出ていく動画や写真などです。

中で何をしているかは予想するしかありませんが、何時間も結婚をしている異性と密室空間に滞在したとなったら、浮気をしていないという主張は難しくなってきます。

それに、そこに至るまでの雰囲気や肉体的接触などを証言などもこの証拠の後押しになります。

他には自宅や車にボイスレコーダーや防犯カメラなどを置いて置き、直接、不貞行為をしていることがわかれば決定的ですが通常ここまでの証拠は用意できません。

色々な証拠を組み合わせて、浮気をしていたと立証するのが一般的です。

注意すべき点としては、浮気相手が婚約をしていたことを知らなかった場合、浮気相手に慰謝料を請求しても浮気とは認められないということです。

なので、メールやLINEなどに「奥さんに気づかれないように気を付けて!!」など結婚していることを知っていた証拠があれば言い逃れできません。

なので、決定的な証拠と組み合わせれば浮気をしたと認められる可能性がぐっと高まります。

おわりに

旦那さんや奥さんと浮気相手の楽しそうなメールを発見してしまった場合、頭に血がのぼって問い詰めようとする方がいますが、それはやめたほうがいいと言えます。

上記にも書いたように、メールだけでは証拠として弱いので、しらばっくれられたらおわりですし、頭に血がのぼっいる状態ではよい展開になることはまずありません。

冷静になることは不可能でも、落ち着くまで我慢するということが大事です。

その後、他に証拠になるものはないか、ないのならば、探偵事務所に捜査の依頼を検討するという流れがいいと思います。

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする