40代、50代、60代で熟年不倫をする理由とは?!

不倫をするのは血気盛んな20代、30代の人たちだけではありません。

40代、50代、そして60代の熟年層の方たちも不倫をします。

そして、その熟年層の不倫は増えていると言われています。

なぜ、40代、50代、60代になって不倫をするのでしょうか。

その理由を探ります。

40代、50代、60代で熟年不倫をする理由①

~子離れする年齢だから~

子離れ

例えば20代で結婚し、30代で子供ができた夫婦を考えてみます。

子供が就職をし、親から独立するのがだいたい両親が50代の時です。

もちろん、20代で子供を授かる夫婦や40代で子供を授かる夫婦もいますのでその場合、子離れするのがそれぞれ、40代、60代となるわけです。

子供に手が掛らなくなると、当然子供に割いていた時間ができます。

その時間に不倫が入ってくることがあるということです。

また子供に対する罪悪感の側面から考えてみても、子供が家にいるのと離れて暮らすのでは違いがあります。

当然子供が家にい卒業時のほうが不倫はしにくいわけです。

平均初婚年齢は年々上がっているわけですが、それにともなって子供を産む年齢も上がっています。

それはつまり、親が子離れする平均年齢も上がっているということを意味します。

熟年不倫の年齢が増加している原因はこのようなところにもありそうです。

40代、50代、60代で熟年不倫をする理由②

~金銭的に余裕がでてくるから~

金銭

不倫をするにはお金が必要です。

不倫相手とのデート代やプレゼント代など費用負担は結構なものです。

今の20代、30代の若者はお金がなく不倫をしようとしてもお金の面で難しいというのが現状です。

自由に使えるお小遣いも少なく、友達と何回か飲みに行っただけで終わってしまいます。

それが40代、50代、60代になってくると子供に掛かる教育費や生活費などがなくなり、貯蓄が増え、給料も若い人たちに比べれな増えているので余裕がでてきます。

もちろん、不倫をできる金銭的余裕があれば必ず不倫するわけではありませんが、金銭的に余裕がなくできない若者よりも熟年層の金銭的に余裕がある方のほうが不倫の可能性は高くなるわけです。

40代、50代、60代で熟年不倫をする理由③

~スマートフォン、携帯、パソコンなどインターネットの普及~

スマホ

今では60代の熟年層の方がスマホを持っていても驚かない時代になりました。

70代以上の方でもスマホを使用している方も大勢います。

このようにインターネットが普及したことにより、不倫のしやすさも格段に上がりました。

LINEを利用したら無料で不倫相手と電話や文字のやりとりができますし、FACEBOOKやtwitterなどで簡単に人とつながることができます。

不倫の環境が次々と整ってきていると言えるかもしれません。

少し前までとはネットワークインフラが格段に違ってきています。

まとめ

以上のことから40代、50代、60代の熟年層になってから不倫をする理由がわかったと思います。

あなたのパートナーは大丈夫でしょうか?

熟年不倫をしていないでしょうか?

もし不倫の疑いがある場合、2つの選択肢があると思います。

一つは、見て見ぬふりをすること。

そして、もう一つは不倫の問題に向き合うことです。

もし後者を選択する場合は、プロの方にお願いするということも必要です。

離婚となれば、不貞行為の証拠が必要ですし、やり直すためにも不倫の決定的な証拠が必要です。

熟年不倫を放っておくと、泥沼に陥り、落ち着いて老後生活が送れなくなる可能性も高いです。

そうなる前に、出来るだけ早く熟年不倫に対処するようにしましょう。

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする