不倫の会う回数、頻度とその理由

不倫をしている人はどれくらいの回数、頻度で会っているのでしょうか。

また、なぜその回数、頻度で不倫をしているのでしょうか。

理由はあるのでしょうか。

1、月1回から2回ぐらいの回数で不倫相手と会うタイプ

カレンダー

やはり不倫なので、妻や夫にバレないように極力会う回数を抑える人が多いようです。

月に1回や2回ならば、友達と飲みに行くといって出掛けても不自然ではないですし、休日にふらっと出掛けても問題ない回数です。

不倫相手も不倫だとわかっているので、会いたい気持ちを抑えてこれぐらいの回数で会っているようです。

転勤などで遠距離で不倫をしている人たちも月1回ぐらいの頻度で会っています。

これは夫や妻に不倫を知られるのを恐れているという理由よりも、交通費であったりお金の側面も強いようです。

また遠距離で不倫をすると泊まりで会いに行くことも多いため、夫や妻に宿泊の理由を毎回答えなければならず、疑われるリスクが上がります。

そのため、頻繁に会うことはできず結局月1回ぐらいの回数で会うのが限度のようです。

2、1週間~2週間ぐらいに1回の頻度で不倫相手と会うタイプ

スケジュール

これが夫や妻にバレない最低限度の頻度ではないでしょうか。

1か月に1回や2回の回数で会うことに比べたら当然リスクは上がります。

ただ、恋人が会いたい頻度のランキングでもこの1週間に1回という回数は一番になることも多く、不倫の満足度もかなり高いものと思われます。

休日に一緒に会ったり、平日の仕事終わりに会ったりといつ会うのかは様々なようです。

このぐらいの回数で会っている人たちはメールやLINEもほぼ毎日している人も多く、夫や妻に知られる可能性も高いと言えます。

3、1週間に数回、もしくは毎日不倫相手と会うタイプ

毎日

実はこのように高頻度で会う人たちもいます。

ひとつは不倫相手が同じ会社に勤めている場合です。

出勤している時は毎日顔を会わせますし、休日の約束を取り付けるのも容易です。

それに会社終わりにデートをすれば夫や妻に怪しまれる可能性も低いですし、不倫がしやすい環境にいると言えます。

同じ職場でなくても片方もしくは両方が時間に融通がきく場合、毎日会っていることがあります。

例えば、自営業の旦那さんが専業主婦と不倫するケースです。

専業主婦の旦那さんが仕事に行っている間、奥さんは比較的自由に時間を使うことができます。

自営業の方も暇な時間に出かけることができます。

そうすると、毎日好きな時に不倫ができる状況というのができあがるのです。

まとめ

不倫相手と会う回数、頻度というのは人によって様々です。

お互いの生活のリズムによって頻度、回数が違ってきます。

月に1回ぐらいの回数で会う不倫でしたら、配偶者の変化に気づかず、不倫をされていることがわからないことも多いです。

毎日会ってい気づかれないように様々な工夫をしているため、夫や妻はその事実に気づかないこともあります。

ただよく注意して観察すると必ず変化や証拠はあります。

少しでも違和感があれば探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

即日当日に浮気調査を探偵・興信所に依頼ベスト3

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする