不倫相手を訴えるための決定的な証拠とは

夫や妻に不倫をされたら、不倫相手に慰謝料を請求しないと、つまり訴えることなしでは気が収まらないという方は多いと思います。

そのとき、メールだけのような決定的な証拠なしでは訴えることはできても認められることは難しいでしょう。

メールだけでも浮気の証拠になるのか

ただ、本人が不倫を認めた場合、証拠なしでも慰謝料の請求は可能です。

どちらか一方でも認めた場合は証拠がなくても慰謝料を受け取ることのできる可能性は高くなるでしょう。

不倫相手を訴えるための決定的な証拠

探偵

ラブホテルなどに入っていく写真と出ていく写真があり、そこに何時間も滞在していたという調査員の証言などがあれば不倫相手を訴えるためのかなり決定的な証拠になります。

これが不倫相手のマンションや家だった場合、証拠としては弱くなります。

ただ、何回も不倫相手の部屋に入っていくことがわかれば、常習的に通っていることがわかるため不倫の疑いが強くなります。

継続的に家に行っているというのがポイントです。

さらに、メールやLINE、電話の会話の録音テープなどの証拠があると、不倫相手の家に行っていたのは不倫のためだったのだと認められることになります。

訴えるための証拠を自分で集めるのは可能か

メールやLINEの中身をこっそり見て、それを写真に撮ることは可能だと思いますが、ラブホテルに出入りするところを何時間も待って気づかれずに撮影することは簡単ではないでしょう。

それに不倫の調査をする機材も用意しないといけません。

訴えるための証拠というのは法的に有効なものでなくてはならないため、

探偵事務所に依頼したほうが確実です。

探偵事務所に依頼するメリットは他に調査員が不倫を証言してくれるところです。

部屋に入るまではどんな様子だったのか。

手をつないだり、キスをしたりしていなかったか。

恋人のような雰囲気ではなかったのかなど、第三者として客観的に証言をしてくれます。

それに探偵事務所の報告書も証拠になります。

プロの書いたものなので、その信頼性は保証されています。

不倫相手を訴えることをしたいと思ったらまず、探偵事務所に相談してみて下さい。

訴えるためにはプロの力を借りることが大切です。

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする