夫や妻の浮気癖を治す方法

浮気癖というのは夫でも妻でもある人はあります。

一見浮気癖がある人は男性だけに思う人もいるかもしれませんが、女性でも浮気癖がある人はあります。

浮気癖は文字通り癖なので、本人がやめようと決意してもなかなかやめることはできません。

今回は夫や妻の浮気癖をやめさせる方法について紹介します。

1、周りに浮気はもうやらないと宣言させる

宣言

人間の決意というのはすぐに揺らいでしまうものです。

特に自分だけで抱える目標というものは特にそうです。すぐに忘れたり、3日坊主で終わってしまったりします。

しかしながら、周囲の友達、パートナー、可能であるならば両親、子供などにもう浮気はしないと宣言すれば、その宣言を忘れたり、すぐに浮気癖が再燃するということはありません。

なぜなら周りに宣言するというのは約束するのと同じで、もし宣言を守れなかったら自分の評価が下がってしまうためすぐにあきらめるということができないのです。

特に自分にとって大事な人に宣言すればするほど、その人との関係が大事なので浮気癖を治すという目標を達成しようとします。

また周囲に宣言することによって、周囲からアドバイスや注意をもらうことができうようになります。一人で実践するよりも断然目標を達成しやすくなるのです。

パートナーの浮気癖を治したい方は、浮気癖を治すと宣言させればいいのです。

本人が本心から治そうと思ってなければ意味はないので注意が必要ですが、その気があれば効果は驚くほど出安いと思います。

2、小さな他の習慣を身に着けさせる

癖

癖とは習慣のことなので、この違う習慣を新たに生活の中に組み込んでいくことによって浮気癖を追い払うことができます。

人間の持つ時間というのは1日24時間で一生変わりません。その時間で人間が行う行動のほとんどは習慣によって成り立っています。今回の場合、浮気という習慣がこの24時間の中に組み込まれている状態です。

つまり、その24時間の習慣の中に新たなものを取り入れることによって何かしらの習慣が弾き飛ばされることになります。

もちろん、その弾き飛ばされる習慣が浮気だとは限りません。

習慣には食べる、寝る、という生きる上で欠かせないも含まれており、

それらの習慣は優先順位が高いと考えられるため新たなものを取り入れたからと言って弾き飛ばされることはまずありません。

優先順位が低い順に弾き飛ばされるのです。

人によって浮気がどれくらい優先順位が高いかというのは違いがあります。しかしながら、その順位は食べる、寝るなどがあるためトップには入ってこないのです。つまり、新たな習慣を取り入れることよって浮気癖というのが弾き飛ばされる可能性は高いと言えます。

試しに何か新しい習慣を取り入れて、違うものが弾き飛ばされてしまったら、また違う習慣を取り入れるということを繰り返すことによって浮気癖というのは早い段階で消えるものと思われます。

夫や妻の浮気癖を治したい方は一緒に何か新しい趣味であったり、スポーツであったり、二人の興味あることを生活に取り入れてみて下さい。

必ず何か変化があります。その変化を分析して次に何をすればいいか考えてみて下さい。

まとめ

夫や妻の浮気癖をやめさせるには上記のことをすればやめれる可能性は高いと思います。

しかしながら、言うは易く行うは難しです。実際行動に起こすとなるとできないのが人間です。

一歩一歩地道に行くしかありません。

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする