なぜ夫は浮気するのか、その理由とは|初めての探偵相談

浮気の理由

「嫁編」に続き、今回は「夫編」です。

(嫁編に関しての記事はここ→なぜ浮気するのか、その理由とは 嫁編|初めての探偵相談

なぜ夫は浮気するのか、その理由に迫ります。

夫の浮気の理由

~嫁が育児や家事で忙しくなり孤独を感じるようになったから~

浮気の理由

男性とは孤独に強そうに思えて実は寂しがり屋な部分を持っています。

なので、嫁に相手にされないと孤独を感じるようになります。

これは、嫁の浮気の理由その1で書いた夫の態度が冷たく感じると似た感情です。

例えば育児や家事で忙しくなると、夫に対しの気遣いが疎かになってしまうものです。

それは仕方がないことなのですが、夫は嫁にやさしくされたいのもまた事実なのです。

これを女々しく感じる方も多いと思いますが、男性も女性も人間という感情を持った生物であり、その根源はあまり変わらないのです。

また、男性は褒められたいという欲求が女性よりも強いと言われていますので、褒められないと孤独を感じ、認めてくれる、褒めてれくる女性へと逃げていき浮気をしてしまうのです。

~パターン化した生活に飽きてきたから~

浮気の理由

7時に出社し、19時に帰宅。23時には寝てまた会社に行く。日々そのような生活が繰り返し何年も続くと慣れていくのと同時に、刺激を求めるという男性が出てきます。

これは性格に左右されるところが大きく、刺激を求めるところというの人それぞれです。

それぞれだということは、それが浮気という行動に出てくる人もいるということになります。女性に多いように見えて、実は男性にもそのような行動に出る人も多く存在します。

もちろん、このパターン化生活は性交渉にも当てはまります。いわゆる、性交渉のマンネリ化というやつです。

日々変化がないと、人間とは飽きてしまうものです。そのパターン化生活を日々少しでも変えていく努力をしないと夫は浮気に走ってしまうものです。

~一人の女性だけでは性的に満足できなから~

浮気の理由浮気の理由

夫婦の夜の営みは上手くいっていると嫁が思っていたとしても、夫は浮気をする可能性が十分にあります。それは複数の女性と性行為をしたいと本能的に考えている男性が多いからです。

その本能と社会的な道徳の浮気はしてはいけないという理性の狭間で揺れ動いています。

その本能と理性の中間にいる人は浮気ではないと自分では思っている、もしくはそう思い込もうとしている風俗に行ったりするのです。そこで本能を少しでも抑えようとします。

もちろん、嫁との性行為だけで満足であるという男性も多くいることは忘れてはいけません。

必ずしも夫は皆、そのような本能を持っていると考えるのはナンセンスなのです。

しかしながら、確実に複数の女性と性行為をしたいと考える男性もいるということもまた事実で、浮気の理由ランキング上位に来るものでもあるのです。

浮気の理由

~嫁に嫉妬し、もう一度自分に振り向かせたいから~

浮気の理由

嫁と同じように夫も自分だけに注目してほしいという願望を持っています。

職場の男性を褒めたり、男友達の話をするだけでも嫉妬し浮気をしてしまうことがあります。

仕事の成果で嫁の注目を自分に向けさせようとしたりすればいいのですが、

中には女性の影をチラつかせて、もう一度自分に振り向かせようとしたりします。

最初はささいなこと、例えば、職場の後輩の女性がかわいいなだという話で嫁の注目を自分に向けさせようとしますが、徐々にエスカレートし結果的に浮気をしてしまうことになります。

嫁の浮気では、よく聞くことが夫でもやはり起こり得るのです。

まとめ

夫が浮気をしてしまう理由とは実はけっこう些細なことだったりします。

そんなくだらない理由で浮気をしたのかという話はあちこちに転がっているものです。

ただ、この些細なことを解決するのは思っているより難しいものです。

特に結婚生活が長くなればなるほど、夫婦関係を変えることは至難の業だと言えます。

しかしながら、今回夫が浮気をする理由を知ることができたと思うので、解決への光は見えたと言えるでしょう。

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする