浮気現場に遭遇した時の具体策|その証拠を押さえる方法

探偵さがしのタントくん

パートナーの浮気現場に遭遇することはあまりないように考えいる人もいるようですが、

意外に多いものです。

皆さんが思っているよりも世界は狭いようです。

もしあなたが事前の想定なしでパートーナーの浮気現場に遭遇してしまったら、

パニックを起こして何もできずに逃げてしまうか、感情に任して問い詰めるかのどちらかではないでしょうか。

そのどちらも結果的にはよくないかもしれません。

それでは、浮気現場にあなたが遭遇した時どのようにすればよいのでしょうか。

離婚も視野に入れたとして、パートナーにうまく誤魔化されないようにするためにはどうしたらいいでしょうか。

それは浮気の証拠を押さえることです。

今から浮気現場が中なの外なのか、場所別で証拠の押さえ方を見ていきます。

1、街中など外で浮気現場に遭遇した時

野外

街中で異性と二人でいたのを目撃したというだけでは浮気をしているとは言えません。

なぜなら不貞行為がなければ法律的に浮気とは言えないからです。

つまり、浮気の証拠を押さえるためにはホテルに入っていく写真と出ていく写真を取らなければなりません。

この街中など外で浮気現場に遭遇した場合、二人の後をつけてその決定的な証拠を掴まなければなりません。

うまく尾行できたとしてもバレないように遠くから写真を撮りましょう。そのために日ごろからズーム機能の付いた写真アプリをスマホにダウンロードしておきましょう。

標準で掲載されている機能よりも優れたものでもないと遠くから撮影することは難しいと思います。

写真を撮る時はパートーナーと浮気相手の二人の顔が写るようにしましょう。

上記の事が難しいと判断した場合、後追いや問い詰めることは厳禁です。

後を追ってバレたら形成が不利になりますし、異性と二人で会っているだけでは問い詰めたとしても白を切られ証拠をどこかに隠されてしまいます。

なのであえて浮気現場から離れ、じっくりと作戦を練ることが大事になってきます。

2、自宅で浮気現場に遭遇した時

自宅

これは外で浮気現場に遭遇する場合と違って、確実に証拠を押さえるようにしましょう。

まず、玄関です。ここで知らない靴が置いてある場合、知らない誰かが来ていると気づくはずです。そして少し中に入ると会話が聞こえてきて、浮気なのかどうかというのがわかると思います。

浮気だとわかったら、まず玄関の靴を写真に撮ります。

その後、ボイスレコーダーとカメラまたはビデオカメラを持ってその現場に近づきましょう。

もし、寝室に二人がいる場合、ひっそりとドアの前まで近づき音が拾えるかどうか確認します。もし浮気の証拠になりそうな声や音が拾えるならば、ボイスレコーダーで入る前に録音しましょう。

そして、いよいよ中に入ります。動画を回しながら入るのがいいでしょう。もし、ビデオカメラがない場合は写真です。

しっかりと二人の顔が入るように証拠の写真を押さえます。

ここまでできれば、証拠は問題ないです。

この場合は二人が寝室にいてさらに不貞行為の最中であったことで証拠を掴むことができました。

それでは、キッチンに二人でいた場合どうでしょうか。

その時は、とりあえず寝室に行き浮気の証拠がないか探します。少しでも証拠になりそうなものは写真に撮っておくといいでしょう。

一番問題なのはまだ、不貞行為の前だった場合です。

その場合、ボイスレコーダーを浮気現場になることが予想される寝室に置き、そっと家を出るといいでしょう。

高い確率で証拠が取れるはずです。

まとめ

いかかでしたでしょうか。浮気の証拠を押さえることができそうでしょうか。

もし証拠を押さえることができたら、パートーナーとの話し合いです。

そこで浮気の制裁をしたいと考えたら下記の記事も読んでみて下さい。

嫁もしくは旦那に浮気制裁をしたいと思ったら|悪用厳禁

どのようにパートナーに責任を取らせるかについて書いてあります。

もし自分では浮気の証拠を押さえることができないときは探偵に相談をしてみましょう。

下記のサイトではあなたの予算に合わせて、あなたに合った探偵事務所を紹介してもらえます。

あなたにピッタリの探偵を2分で診断!探偵さがしならタントくん

探偵さがしのタントくん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする