離婚のための浮気(不倫)の証拠を集める方法 

どうやら配偶者が浮気(不倫)をしているようだと思ったら、証拠集めをしましょう。

(浮気チェックはここ

もし離婚のことも考えているとしたら、この証拠が裁判、もしくは裁判前の離婚調においての重要なポイントとなってきます。

では、自分で証拠を集めるにはどうしたらいいでしょうか。

基本的には次の2点です。

①写真

まず、第一に写真です。

よくテレビなどで見るようにラブホテルもしくは自宅などに二人で入っていく写真とそこから出てくる写真を撮ります。

そうすることによって二人が一定期間そこにいたことを証明できます。

しかしながら、これは自分でするにはかなり難しいと思います。

プロの調査力が必要です。

では、自分で撮れる写真とはどのようなものでしょうか。

それは、浮気相手とのメールやSNS(FACEBOOK、MIXI、twitter、LINE)、手帳(浮気相手との予定)などを写真で撮ることです。

*ツールなどでパスワードを解析し勝手にログインするのは不正アクセス禁止法に抵触する可能性がありますのでやめておきましょう。

決定的だとは言えませんが、このような証拠をたくさん集めることによって有効な証拠になることがあります。

写真

②録音機

そして写真だけでなく、音で証拠を残すということもできます。

例えば、長時間録音できる録音機を車内に隠しておきます。そこで配偶者と浮気相手の会話を録音するのです。

または家の中に録音機を設置してもいいでしょう。浮気相手が留守のうちに来るかもしませんし、配偶者が浮気を認める発言をした時にその音声が証拠になります。

録音機

オススメの探偵事務所

オススメの探偵事務所はHAL探偵社です。

全国無料出張、即日対応が可能で、他の大手探偵事務所と比較すると料金も格安です。

電話・メールでの相談ができ、匿名での無料相談も可能です。

まずは、気軽に問い合わせてみて下さい。

HAL探偵社

☑業界初の完全成功報酬

☑調査終了後の完全後払い制

☑簡単!10秒でわかる!不倫・慰謝料チェッカー

離婚問題でお悩みの方

離婚の際に、慰謝料、親権、養育費、財産分与、年金、婚姻費用、離婚協議書の作成など様々な悩みがあると思います。

そのような時は、法律事務所に相談することをオススメします。

しかしながら、『どこに相談すればいいの?』と思ってしまう人も多いはずです。

そんな時に便利なのが、日本法規情報です。

日本法規情報では、無料で法律事務所を案内してくれます。

日本法規情報

(お問い合わせ後、ご確認のお電話が届きます。)

土日の相談も可能

色々な要望に応えてくれる

相談のみでも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする